結婚ラッシュの出費を上手に抑える方法トップメイン画像

友達の結婚ラッシュにより、参加費用がとても大変。そんな時、出費を安く抑えられるための方法を紹介します。


友達の結婚式、出費はどうする?

20代に入ると、友達の結婚式が開かれることがあります。
その時、あなたは友人として招待されるでしょう。
その時に必要になってくるのがお金です。

結婚式に招待はされますが、無料ではありません。
友人の門出を祝うために、ご祝儀を払う必要があります。その金額もなかなか高いものです。
また、結婚式にふさわしい服装やヘアメイクなどの出費もかかります。
会場までの交通費もあります。
とにかくトータルすると、参加だけで何万円もかかってしまうのです。

あなたのお財布の事情は大丈夫ですか?
もしこんな結婚式がどんどん開かれたらどうなるのでしょうか。

結婚式の費用は抑えられる

でも、ここで落ち込んではいけません。
結婚式の参加は、ちょっと工夫を重ねれば簡単に費用を抑えることができるのです。

ドレスを安く抑えたり、ずっと前から積立をしたり。
その瞬間だけ出費がかかってしまうような恐れは回避されるでしょう。
結婚式は土壇場で決まるものじゃありませんので、結婚式の日程がわかったその時からお金の確保をしておくことが大切なのです。


ドレスを安く抑えよう

最も抑えられるものはドレスです。
一着のドレスは買うと万単位のものになってしまいますが、借りるとなると、その8割近く安くなった金額で利用することができるのです。
アクセサリーやバッグもそうですね。
まず自分の身の回りを安く抑え、ご祝儀や交通費にあてがうといいでしょう。

おすすめのレンタルドレスショップはこちら!
レンタルドレス パーティードレスレンタル | モーダ(東京・大阪) 通販
1700着ものレンタルドレスがあり、一着一着がとにかく安い。
費用を抑えるためには使うべきお店ではないかと思います。


参加しないパターンも

あまり友達としての付き合いが浅かったり、今まで連絡してこなかったのに急に結婚式に読んでくるような友達は、結婚式の祝儀目当ての可能性が高いです。
正直、そういう結婚式はいっその事参加しないのも手でしょう。
余計な出費がかかるだけですし、参加している側もいい気分にならないはず。

このように、色々割り切った上で結婚式に参加するかしないかを決めるのも一つのお金を浮かす方法になります。
もちろん、参加したくないとハッキリ言うのではなく、いろんな理由をつけて断るようにしましょう。